相談の流れ・申込みはこちら

相談実績

- 相続のご相談 -
累計 10,000 件超
(2020年度)

- 相続税申告 -
累計 1,400 件超
(2020年度)

お知らせ

セミナー案内
補助金・助成金・融資情報
経営者オススメ情報
Q&A経営相談
税務Q&A
税務カレンダー
TKC経営指標 速報版のダウンロード
相続税・贈与税 シミュレーション

事務所概要

事務所概要

〒115-0045
東京都北区赤羽1-52-10 NS2ビル5F

(地下鉄南北線赤羽岩淵駅1番出口0分JR 赤羽駅東口徒歩7分)

営業時間 月曜日~金曜日 9:00~17:30

求人情報

土地の評価減の事例


こちらもご参考ください  > click 

申告期限から5年以内還付請求が可能です


利用価値の著しく低下している宅地の評価減の事例

段差がある土地について、10%評価減を達成

C都C区の住宅地にある自宅で、路線価53万円の路線に面していました。

対象の宅地は坂道部分にあり、道路からは最大1.5mの段差がありました。

被相続人は高齢者で、階段の上り下りの為、家の出入りにも苦労していた状況でした。

そのため、当社はその状況を詳細に説明し、▲10%の評価減で申告し、税務署に認められました。

鉄道に隣接した土地について10%の評価減を達成

K市の住宅地にある貸家建付地で、路線価9万8千円の路線に面していました。

・路線の反対側は鉄道に隣接しており、この騒音は居住に適しているとは言い難く、また付近の路線価の状況からみて騒音の影響が路線価に織り込まれているとも考えられないため、▲10%の評価減を適用し、約420万円の評価減を税務署に認められました。

埋蔵文化財包蔵地域に該当するため10%の評価減を達成

埋蔵文化財包蔵地域にある土地で、周辺の土地の発掘状況から多くの遺構が発掘されていました。そのため、今後該当地でも発掘が行なわれる可能性が高い為、利用価値が著しく低下しているとして相続税の見直しを行い、10%の評価減を達成しました。

土砂災害警戒区域に該当するため10%の評価減を達成

該当地が土砂災害警戒区域に該当しており、かつ鉄道に隣接していました。そのため、利用価値が著しく低下しているとして相続税の見直しを行い20%(土砂災害警戒区域で10%+著しい騒音で10%)の評価減を達成しました。


利用価値の低下は様々な要因がありますので上記事例は実際に適用された評価減のほんの一部です。